【根管治療】複数の医院で抜歯と言われた歯の治療(感染根管治…

【根管治療】複数の医院で抜歯と言われた歯の治療(感染根管治療)  

【根管治療】複数の医院で抜歯と言われた歯の治療(感染根管治療)  

芦屋の歯科「朝日ヶ丘タカハシデンタルクリニック」院長の高橋です。

30代女性の方で、左上7にお痛みがあり、かかりつけ歯科で根管治療を複数回受けたようです。

しかし、噛んで痛んだり、顔が腫れたりする症状が出るため心配になり複数の歯科医院を受診されたようです。

どこの歯科医院でも抜歯をすすめられたようです。

当院に通院して頂いた患者様のご紹介で来院されました。

当院でも初診で拝見した際には残存歯質が少なく予後を考えると「抜歯」という診断をさせて頂きました。

ただ患者様が30代で抜歯は受け入れられない、予後が短くても治療をして欲しいという強い希望がありました。

非常に悩みましたが、わずかな望みにかけ以下の条件をご理解頂ければ治療することにしました。

今回のケースはこの歯の根管治療を行うだけでなく、この歯の寿命を長くするために

1.対合歯の親知らずの抜歯および

2.健全な歯質を確保するために歯周外科が必要になってくること

3.予後不良であれば抜歯の必要があること

をご了承頂いてから治療に入りました。

【根管治療】複数の医院で抜歯と言われた歯の治療(感染根管治療)  

歯茎の上に健全な歯質が全然ありません。

教科書的には十分な健全歯質が確保できず、補綴処置(被せ物を作っていく処置)へ移行できない場合は抜歯の診断となります。

術前に歯科用CTで診断しました。

3根ともに根の先に透過像(炎症で骨が溶けている像)が確認出来ました。特に、口蓋根(内側、上あご側の根)の透過像が大きくお痛みの原因と判断しました。

まずは、いつものように周りから唾液や細菌が侵入しないように、また治療用の薬液が漏れないように隔壁をレジン(歯科用の樹脂)で作成しました。

その後、ラバーダム防湿を行いマイクロスコープを用いた精密な根管治療を行いました。

初回の治療は2時間ほどかかりました。

以前の治療で使われている材料(土台やガッタパーチャーなど)をすべて除去し、本来の神経管の走行(通り道)を探します。

この作業が一番時間がかかり、一番重要だと言っても過言ではないかと思います。

この患者様の場合は初回で原因であると考えられる口蓋根(内側、上あご側の根)を穿通(道を通すこと)させることができました。

これにより初回でお痛み等の症状がなくなりました。

←通法に従い精密な根管治療を行い、MTAにて根管充填を行いました。

3根とも根尖までMTAにて根管充填を行うことができました。

歯周外科後の歯肉の治癒待ちです。→
← 仮歯で経過を見ています。

その後、患者様と最初に約束した通り下の親知らずの抜歯とこの歯に対する歯周外科(健全な歯質を出してくる処置)を行いました。

歯茎がある程度治ってから仮歯をいれて経過を見ました。

特に、以前感じられていたお痛みや歯茎の腫れもなく経過良好であったため最終補綴に移行しました。

 

今回の患者様の場合は、健全な歯質の量が少なく、最後方臼歯で破折のリスクが高いこと、予後不良な場合は抜歯という条件を十分にご理解頂いた上での治療となりました。

もちろん全ての歯が残せるわけではありません。(今回も無理を言われたので残したという訳ではありません。)

しかし、抜歯の診断も医院毎、先生毎に微妙に変わってくるかと思います。

 

治療後の「患者様の声」を頂きました。

タカハシデンタルクリニックに行くことになったわけ

二年ほど前、当時下の子を妊娠中から上の左の一番奥の歯が痛む時がありました。歯・・・というより歯の奥が噛むと違和感があり、ひどい時には物がその歯にあたるだけで激痛が走るほどです。もう10年以上お世話になっていた  歯科に相談にいくも、「疲れていると歯は痛むんです。」と説明され、釈然としないながらも痛んだり、痛まなかったりしていたので、そんなものかと思っていました。

 私自身、上の子の妊娠中から歯のケアには気をかけており、妊娠中も産後も  歯科には月一回通い歯石を取ったり虫歯の有無を見てもらったりなど定期的に通っていました。

 その後下の子の出産、一年半ほどして左の奥歯の歯茎がパンパンに腫れました。その際も  歯科に見てもらいましたが「なんでしょうね。とりあえず膿を抜いておきましょう」とのことで、レントゲンを見てもらいましたが原因が分からず、軽く消毒をして終わりました。結局、5日ほどで腫れは引きました。その1週後、水族館に子ども達と行きお昼を食べている時にその歯に食べ物が当たった瞬間に歯がゴリッとなった。真っ青になって、  歯科とは違う  駅前の  歯科に駆け込むと「歯が折れています。」と言われた。「10人いたら6人が抜歯と答えるでしょうね。根元から折れています。私も抜きます。」と言われました。30代半ばで永久歯を失うなんて信じれなかったので、  先生に改めてみてもらうことにしました。

  先生は「抜歯なんてとんでもない。十分使える歯です。」と言ってくれ、以前腫れたのは歯が折れていたのでしょう、と診断され8月〜11月まで毎週根幹治療に通った。あまり良くなっている気がしないが、レントゲンを撮って「良くなってきましたね。次にかぶせを入れましょう」と言われ、かぶせを入れた。入れた次の日から嫌な嫌みが出てきた。相談しても「一年くらいしたら痛みが取れて治りますよ。疲れたら痛みます。」と言われ、4月から仕事復帰することが決まっていたので、正直「四月から働いてこの痛みに付き合うのか・・・絶対疲れて痛むやろうな。嫌やな・・・)と思っていた。

しかし入れて四日目、痛みで夜中眠れなくなり、朝には顔面が腫れあがり人相が変わるほどになっていました。  歯科に行くと「治療をやり直しましょう」と言われ、11月〜1月まで毎週通い、1月再びかぶせを入れました。正直、前回と全く同じ流れと、痛みが出てきました。復帰が近かった私は焦りだし、知り合いがやっていた    口腔外科さんで無料検診に行って診てもらうことにしました。そこでは「歯も残ってないですし、歯の根元に膿がたまっています。私も抜いたほうがいいと言いますね。」と診断された。ショックでもう  歯科の次の治療には行けない、と思いスマホで調べると  に根幹治療を専門でやっている歯科医院を発見した。そこに行くしかないのか、遠いな、と思っていた。

たまたま知人に相談するとタカハシデンタルクリニックを教えていただいた。診療時間外だったが電話すると、快く診てくださるとくことで、その日のうちにすぐに診てもらえる事になった。もう二月になっていた。

 今までの流れを説明し、みてもらうと相当厳しいことがわかった。しかし、治療して歯を残すことも可能だという。四月に仕事復帰があることと、一年痛みを我慢しなければならないのか、と質問するとにっこりと「治療がうまくいけば、三月には痛みなんて気にならなくなりますよ。うまくいけばですけど」ということでした。保険外治療でしたが、歯を残すことが大切でしたし、以前スマホで調べた時にやっぱり他院も10万円ほどはかかっていましたので、納得して治療を開始しました。うまくいかなければ治療代はいただきません、とおっしゃってられたのも安心でした。

そして、実際にその日に治療をしていただいたのですが、ラバーダムというゴム製のカバーを使って、細いやすりで洗浄していただきました。二時間くらい治療していただきましたが、全く痛くなく(口を開けているのが辛いですが)治療の効果を一回ではっきり実感しました。その調子で治療を続け、6回ほどの通院で根幹治療は終了しました。

 以前のしかでは指摘されなかった詰め物の不具合や歯肉炎も見つけてくださり、感謝の気持ちしかないです。自分では歯医者に通っているから、歯は安心だと思っていましたが、こんなにも歯医者によって違うのかと驚いています。通い慣れた歯医者を変えるのは勇気が要りましたが、変えてよかったです。あのまま  歯科で診てもらっていたら・・・と思うとぞっとする時があります。

高橋先生、これからもよろしくお願いします。

 

お問い合わせはこちら

芦屋市の歯科(歯医者)「朝日ヶ丘タカハシデンタルクリニック」

【住所】〒659-0012 兵庫県芦屋市 朝日ケ丘町28-25
※芦屋市立岩園小学校すぐ近く

【電話】0797-25-0418
HP:http://www.ashiya-dental.com/
グーグルマップ:https://goo.gl/maps/C6M24oAptLz

抜歯と診断され、悩まれてる方は一度当院にご相談下さい。