【根管治療】複数の医院で抜歯と言われた歯の治療(感染根管治…

【根管治療】複数の医院で抜歯と言われた歯の治療(感染根管治療)  

【根管治療】複数の医院で抜歯と言われた歯の治療(感染根管治療)  

芦屋の歯科「朝日ヶ丘タカハシデンタルクリニック」院長の高橋です。

30代女性の方で、左上7にお痛みがあり、かかりつけ歯科で根管治療を複数回受けたようです。

しかし、噛んで痛んだり、顔が腫れたりする症状が出るため心配になり複数の歯科医院を受診されたようです。

どこの歯科医院でも抜歯をすすめられたようです。

当院に通院して頂いた患者様のご紹介で来院されました。

当院でも初診で拝見した際には残存歯質が少なく予後を考えると「抜歯」という診断をさせて頂きました。

ただ患者様が30代で抜歯は受け入れられない、予後が短くても治療をして欲しいという強い希望がありました。

非常に悩みましたが、わずかな望みにかけ以下の条件をご理解頂ければ治療することにしました。

今回のケースはこの歯の根管治療を行うだけでなく、この歯の寿命を長くするために

1.対合歯の親知らずの抜歯および

2.健全な歯質を確保するために歯周外科が必要になってくること

3.予後不良であれば抜歯の必要があること

をご了承頂いてから治療に入りました。

【根管治療】複数の医院で抜歯と言われた歯の治療(感染根管治療)  

歯茎の上に健全な歯質が全然ありません。

教科書的には十分な健全歯質が確保できず、補綴処置(被せ物を作っていく処置)へ移行できない場合は抜歯の診断となります。

術前に歯科用CTで診断しました。

3根ともに根の先に透過像(炎症で骨が溶けている像)が確認出来ました。特に、口蓋根(内側、上あご側の根)の透過像が大きくお痛みの原因と判断しました。

まずは、いつものように周りから唾液や細菌が侵入しないように、また治療用の薬液が漏れないように隔壁をレジン(歯科用の樹脂)で作成しました。

その後、ラバーダム防湿を行いマイクロスコープを用いた精密な根管治療を行いました。

初回の治療は2時間ほどかかりました。

以前の治療で使われている材料(土台やガッタパーチャーなど)をすべて除去し、本来の神経管の走行(通り道)を探します。

この作業が一番時間がかかり、一番重要だと言っても過言ではないかと思います。

この患者様の場合は初回で原因であると考えられる口蓋根(内側、上あご側の根)を穿通(道を通すこと)させることができました。

これにより初回でお痛み等の症状がなくなりました。

←通法に従い精密な根管治療を行い、MTAにて根管充填を行いました。

3根とも根尖までMTAにて根管充填を行うことができました。

歯周外科後の歯肉の治癒待ちです。→
← 仮歯で経過を見ています。

その後、患者様と最初に約束した通り下の親知らずの抜歯とこの歯に対する歯周外科(健全な歯質を出してくる処置)を行いました。

歯茎がある程度治ってから仮歯をいれて経過を見ました。

特に、以前感じられていたお痛みや歯茎の腫れもなく経過良好であったため最終補綴に移行しました。

 

今回の患者様の場合は、健全な歯質の量が少なく、最後方臼歯で破折のリスクが高いこと、予後不良な場合は抜歯という条件を十分にご理解頂いた上での治療となりました。

もちろん全ての歯が残せるわけではありません。(今回も無理を言われたので残したという訳ではありません。)

しかし、抜歯の診断も医院毎、先生毎に微妙に変わってくるかと思います。

 

お問い合わせはこちら

芦屋市の歯科(歯医者)「朝日ヶ丘タカハシデンタルクリニック」

【住所】〒659-0012 兵庫県芦屋市 朝日ケ丘町28-25
※芦屋市立岩園小学校すぐ近く

【電話】0797-25-0418
HP:http://www.ashiya-dental.com/
グーグルマップ:https://goo.gl/maps/C6M24oAptLz

抜歯と診断され、悩まれてる方は一度当院にご相談下さい。