【根管治療】前医では「根管治療してダメなら抜歯してインプラ…

  • ホーム > 
  • ブログ > 
  • 治療報告 > 
  • 【根管治療】前医では「根管治療してダメなら抜歯してインプラント」と言われた。

【根管治療】前医では「根管治療してダメなら抜歯してインプラント」と言われた。

【根管治療】前医では「根管治療してダメなら抜歯してインプラント」と言われた。

前歯の違和感が取れない!!抜歯!?

院長の高橋です。

患者様は20歳台女性。

平成29年夏頃、時々上の前歯に違和感を自覚されたため、近くの歯科医院を受診されました。そちらでは、「歯にヒビが入っている。」と言われたようですが、歯周病治療のみを行われたようです。

地方の方で、実家に帰られた際に地元の歯科医院で相談され、唇側のクラック(ヒビ)は詰めてもらったようです。

しかし、違和感がとれず他の歯科医院を受診された際、「根管治療してダメなら抜歯してインプラント」と言われたようです。すぐに『抜歯』という言葉を使われ、その歯科医院に不信感を覚え当院を探して平成30年6月に受診されました。

【根管治療】前医では「根管治療してダメなら抜歯してインプラント」と言われた。

診察です

右上1の歯頚部付近にCR(コンポジットレジン充填)が行われておりました。

右上1の頬側根尖部歯肉の腫脹(歯ぐきの腫れ)と圧痛、打診痛を認めました。

電気歯髄診断(−)。

失活(歯髄が壊死)している可能性が高く、デンタルX線写真を撮影致しました。

レントゲンでは、右上1根尖部に透過像を認めました。

根尖部透過像の大きさと範囲を調べるため、歯科用CTを撮影致しました。

CT写真では、直径約3㎜大の透過像が根尖部を取り囲むように拡がっており、唇側の皮質骨を吸収している像でした。

診断です

① 右上1の根尖部透過像から失活(歯髄壊死)を起こしている。

② 歯髄壊死の原因は、はっきりとしない。

(クラックからの感染もしくはCR充填の際の歯髄への障害の可能性も否定できない。)

③ 根管治療が必要。

④ 根管治療の際、唇側歯質を温存して治療を試みる。

⑤ 治療の際、根尖部まで治療の道具が届かない(ストレートラインアクセスが確保できない)場合はしっかりとした治療が出来ないので、切端部(歯の先)を削って治療し、最終的には被せものになる可能性がある。

⑥ 治療途中、CTでは分からないクラック等が見つかることがある。

(見つかったクラックが深ければ抜歯になる可能性もある。)

以上の事柄を説明し、同意を得ました。

いよいよ治療です

通法に従い、(必ず行う)浸潤麻酔後、ラバーダム防湿を行い右上1根管治療を行いました。

術前にCT写真でシュミレーションし、口蓋側(歯の裏側)から歯髄腔へアプローチしました。

髄腔開口を行うと歯髄腔からの出血は認めず、やはり失活しておりました。

通法通り、#15Kファイルにてグライドパスをとり、Ni-Tiファイルで根管拡大を行いました。

特に、根尖部からの出血や排膿は認めなかったため、根管洗浄を十分に行い、(歯の変色を防ぐため)Bio-MTAセメントにて根管充填を行いました。

根管治療後のアクセスキャビティーはCR充填を行いました。

治療後、約2年経過しました

治療終了後、しばらくお忙しくて来院がありませんでした。

先日、約2年ぶりに来院頂きました際にデンタルX線写真を撮影致しました。

特に自覚症状もなく、レントゲンでも根尖部の透過像は消失しておりました。

経過良好で一安心しましたが、今後も継続的な経過観察が必要です。

 

この患者様の場合ですが、

通院回数(初診〜終診まで)

:3回

治療回数(精密根管治療+ファイバーコア・CR充填)

:2回

*こちらは通院回数や治療回数の目安です。

治療部位や歯の状態により患者様個々により変わります。

 

治療費(税抜)

セカンドオピニオン外来:5,000円(30分)

診断料:1万5,000円

精密根管治療(前歯):5万円

ファイバーコア:2万円、CR充填:3万円

経過観察:5,000円/回

*こちらは治療費の目安です。

患者様の治療部位や状態により治療費が異なる場合がございます。

 
お問い合わせはこちら

芦屋市の歯科(歯医者)「朝日ヶ丘タカハシデンタルクリニック」

【住所】〒659-0012 兵庫県芦屋市 朝日ケ丘町28-25
※芦屋市立岩園小学校すぐ近く

【電話】0797-25-0418
HP:http://www.ashiya-dental.com/
グーグルマップ:https://goo.gl/maps/C6M24oAptLz